まっさら〜


このお店のドアを

初めて開けて、無理だ、、、と思った

あの時からは


想像のできない景色が広がっています。




床をとりそこから出てきたのは

凸凹のコンクリートの床。

これは鮮魚店時代のものだろう。


壁をとれば割れたりぐらついた

ブロック塀。

隣の店舗との境がこのブロック塀一つ。


そして天井を外して現れた鉄骨と

錆びた鮮魚とかかれた看板。


時代がタイムスリップしているこの店内。

今からこのガタガタな床を治すも、

生かすも自分次第。


ブロック塀をどうするのかも自分次第。

プロ任せたら見違えるほど

綺麗な店舗になるのは分かっています。


でも自分でやるからこそ自由にできる。


いまからどんなアイディアが生まれてくるのか

ドキドキワクワクです

店舗の砂埃を掃除して、

ホッとしたのも束の間、、、

水難に見舞われます。。。そのはなしは

また今度にします。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示